投稿

6月, 2017の投稿を表示しています
にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ   follow me on Twitter @Kawase_Yuuri   アイネットFX

リピート系自動売買の主な特徴とサービス提供会社

イメージ
MT4(MetaTrader 4)の使い方に行き詰まった私。
次に見つけたのは、リピート系自動売買

「リピート系自動売買」というのは、「リピート注文」「連続発注機能」と呼ぶこともあるようです。

このブログは自分のための備忘録のようなものですので、リピート系自動売買の詳しい説明は(面倒くさいからww)省きます。

FX会社の説明を見ると、主な特徴は下記の通りです。


リピート系自動売買の主な特徴 あらかじめ設定した幅で相場が動いたら、自動的に新規注文と決済注文を繰り返す比較的小さな値動き/レンジ相場でも常に取引機会を狙うことが可能市場が動いているときは、24時間、自動で売買してくれるパソコンの電源を切っても、継続して自動売買してくれる原則的には損切りさせずに大量の含み損を保持するので、資金管理がキモとなる
このほかにも、スワップ益も狙えるとか、あまり相場を読めない初心者にも適している、というような説明も見かけましたが、絶対に得するという保証はありません・・・


リピート系自動売買サービスを提供しているFX会社と商品名
マネースクウェア・ジャパン【トラップリピートイフダン】(リピート系の元祖)外為オンライン【iサイクル注文】ライブスター証券【iサイクル注文】(外為オンラインよりライセンス供与)FXブロードネット【トラッキングトレード】(外為オンラインよりライセンス供与)アイネット証券【ループイフダン】ひまわり証券【ループイフダン】(アイネット証券よりライセンス供与)

この中で、まずは来週から、アイネット証券の「ループイフダン」でリピート系自動売買を実践してみたいと思います。



アイネット証券に口座開設を申し込みました

イメージ
アイネット証券に口座開設の申し込みをしました。

昨夜遅く、サイト上から申し込みをして、マイナンバーや本人確認書類の写しを送っておいたら、今日の午後にアイネット証券からメールがきました。

口座開設の手続きが完了したので、自宅にログインIDを記載した書面を送るそうです。

これで、来週から稼働できそうです。

アイネット証券を選んだ理由は「ループイフダン」が利用できるからです。

今回は、申し込みに至るまでのお話です。



裁量トレードは難しい
FXを再開するにあたって、少し勉強しなおしました。

2011年にトライしたときは、いわゆる「裁量トレード」でした。

今回も、裁量トレードを前提として、テクニカル分析の本を読んだり、YouTubeのFX関連動画を見たりしてました。

が、裁量トレードは難しい!

FX会社のデモトレードで売買をしてみましたが、「利小損大」で資金は減るばかり・・・

裁量トレードは自分に向かない、と考えていたときに出会ったのが、MT4(MetaTrader 4)というツールを使う「自動売買」でした。


MT4も難しい
MT4はロシアの会社が開発したFX取引向けのプラットフォームです。

MT4自体はダウンロードが無料で、多彩なチャート分析が可能なので、世界中の投資家に利用されています。

さらに「Expert Advisors(EA)」というプログラムを導入すれば、自動売買も可能です。

日本でも、楽天証券やFXトレード・フィナンシャルなどが、MT4を使った取引に対応しています。


「テクニカル分析の勉強をしなくて済む!」

「パソコンの前に張り付いていなくてもトレードができる!」


面倒くさがり屋の私は、MT4のことを知った時、最初は小躍りして喜びたい気分になりました。

さっそくMT4をダウンロードして、試しに無料のEAを入れてみました。



が、難しい・・・



MT4のEAを使う前に、過去データを使ってパフォーマンスを検証する「バックテスト」と「パラメータ最適化」をするんですが、期待した結果が出ない・・・

そうして悩んでいるとき、次に出会ったのが、リピート系自動売買システムでした。


・・・今日はここまでにしておきます。







FXのブログは、トレードノート代わり

イメージ
こんにちは。
河瀬悠里です。

第1回の投稿で、「なぜ私がFXのブログを始めたか、そのことからお話しましょう」と書きながら、ブログを始めた理由を書いていませんでしたね。

今回は、「なぜブログを始めたか」です。


トレードノートをつけよう
なぜFXのブログを始めたか。

「トレードノートの代わりにブログを書こう」と考えたのが、その理由です。

FXへの再挑戦を始めるにあたって、FXの参考書を何冊か読み返しました。

2011年当時に買った本なので情報は古いですが、基本は変わらないと思います(単に本代をケチッただけですが (^^;)


参考書を読んでいると、何人かのプロのトレーダーから「トレードノートをつけなさい」というアドバイスがありました。


トレードノートの内容は、「相場(値動き、高値、安値など)」「ファンダメンタルズ情報」「アイデア(戦略や考えていること)」「トレード(その日のトレード内容)」「反省と今後の対策」といったところです。

トレードノートをつけることによって、成功や失敗を記憶(と身体)に染み込ませ、その積み重ねが相場観や勝負勘を養うことになるようです。

トレードノートは、本来は、手書きでつけるのがいいそうな。

あるベテラントレーダーは、証券会社に入社したころ、毎日、株価のチャートも手書きしていたそうです。そうすることで、相場観が身についてくるようです。


このブログは自分のためのノート/備忘録です
そういえば、2011年に180万円を失ったときのことを反省材料としよう、と思ったけど、当時のことを覚えていません。

まったく記録をつけていなかったからです。

パソコンのメールボックスにはFX会社からの「強制決済のご連絡」というメールが残っていたけど(笑)、それは「結果」だけ。

当時、どんなことを考えて、どんな戦略で取り組んでいたか、ということを思い出せないので、次に生かせない。(^^;


今回は、同じ過ちを繰り返さないように、手書きノートをつけようかとも考えたけど、結局ブログにしました。

ブログにした理由は、取引画面やチャートなどのスクリーンショットを貼ることができるからです。

前述のベテラントレーダーはチャートも手書きしたそうですが、そこまでの気力がないし・・・手書きノートよりもブログのほうが楽そうなので・・・というのは私の誤解かもしれませんが、要するに、手抜きをしつつ、…

FXに再挑戦することにしました

イメージ
はじめまして。
河瀬悠里と申します。
FX初級者です。

自己紹介として、なぜ私がFXのブログを始めたか、そのことからお話しましょう。


FXを始めて1週間でロスカット
今から6年前のことです。

ファイナンシャル・ プランナーをしている友人が「FX(外国為替証拠金取引)」をやっている、ということを知り、私も挑戦してみました。

スタートは2011年4月。証拠金は300万円。

FXの入門書は10冊近く読んだものの、テクニカル分析なんか全く理解していない状態でのスタートでした。

そしてスタート1週間後に、強制ロスカット!( ̄□ ̄;)

さらにその5か月目後に、2度目の強制ロスカット!!! ( ゚Д゚)


残ったのは120万円ほどでした。


「いつかはリベンジ」、それが今
わずかな期間で180万円を失った私は、それでもFXの口座は解約せずに、残った120万円はFX会社の口座に残しておきました。

そして2回目の強制ロスカットから5年半、FXには手を出しませんでした。

「やれば必ず失敗する」という確信のようなものがありました。さらに本業の仕事が忙しかったということも理由です。

しかし、最近、本業の仕事が減り、時間的に余裕ができるようになりました。

「そろそろFXに再挑戦してみようかな」と思い始め、今、再スタートをするための準備をしています。

前回の失敗を繰り返さないように、慎重に・・・

はたして、うまくいくでしょうか。



アイネットFX   にほんブログ村 為替ブログ FX トラリピ・トラップトレード派へ   follow me on Twitter @Kawase_Yuuri